ヘルシーに!ひじきと鶏むねひき肉の炊き込みごはん。妊娠中ってダメなの?

今回はヘルシーなひじきと鶏胸肉のひき肉を使ったほぼ炊飯器に入れるだけの炊き込みごはんをご紹介します〜。

ひじきと鶏ひき肉の炊き込みご飯_new.jpg

ひじきってすごい栄養価が高いんですよね!

カルシウムは牛乳の約12倍!

食物繊維はごぼうの約7倍!

マグネシウムはアーモンドの約2倍!

鉄分やβカロテンも豊富。
どれも女性に嬉しい成分ですよね。

でも・・・なんか妊婦にはよくないって最近になって言われ始めましたよね。ヒ素がどうとか・・・。

で!

いろいろ調べた結果。普通に食す分には妊婦だって全く問題ないようです。

取りすぎたら、胎児に脳障害とかなんか色々怖い影響があるみたいですが、なんでも取りすぎはNGということですね。

どんな成分でもこれは当てはまることですね。

だったら、栄養価が高く妊娠中に多く必要になるカルシウムや鉄分、マグネシウム、便秘対策に食物繊維の多い「ひじき」はむしろヒ素を怖がって食べないより、普段の食事のレパートリーに普通にあっていいものですよね。

毎日ドカ食いするわけでもないし、乾燥ひじきを水で戻す際や、茹でる際にヒ素は結構溶け出しちゃいますし、何も心配することはないということで!



★材料★


(3人前)

◆お米 1.5合
◆ひじき お好きな量 今回は乾燥ひじき 大さじ1
>茹でて戻すか水で戻して洗っておく
◆鶏むねひき肉 100gくらい
◆にんじん   1/4本くらい
 >千切り
◆生姜     みじん切り大さじ1~2 (お好みで)
◆醤油     大さじ1
 >私は醤油風調味料の「味たまり」を使用しています。
 >>味たまりは にんじんの消費に!簡単すぎる人参しりしり で紹介しています。
◆だしの素   大さじ1
 >私は「ほんだし」を使用
◆酒      大さじ1
◆みりん    大さじ1

調味料を全部大さじ1にすることで覚えやすい!!



★作り方★


1:お米を研ぎます。

2:研いだお米が入った炊飯器に調味料をまず全部入れます。

3:そのあとで炊飯器の1.5合のお水の量を示す線まで水を入れます。気持ち少なめがオススメ。

4:そのあとで残りの材料を全部入れてひき肉がほぐれるように少しかき混ぜます。

5:あとは普通に炊くだけで完成!


炊き込みごはんって簡単でいいですよね〜。

ただ、いつも困るのが付け合わせ。そんなにごはんに合うおかずっていらないし、お肉も一応ちょっと入っているし・・・。卵焼きでタンパク質を足して、その他足りない栄養分は味噌汁の具とかで補って、あと一品の副菜に悩みますね〜。味噌汁に緑を入れてない場合は緑色の葉野菜系のおひたしとかですかね。

と、いうことで献立提案!


・ひじきと鶏胸ひき肉の炊き込みごはん
・えのきやしめじなどのキノコと油揚げのお味噌汁
・小松菜orほうれん草のおひたし
・卵焼き
・冷やしトマト

とかでいかがでしょう。和食にありがちな茶色ばっかりにはなりませんよ〜

卵焼き→黄色
トマト→赤
おひたし→緑

栄養のバランスもとれていると思います。これなら体重制限が厳しくなる妊娠後期でも安心して食べれるメニューですね。


この記事へのコメント