ほうれん草クリームソースのオムライス

久しぶりにオムライスを作った気がします・・・

私が小学生の頃から実家ではよく出ていた、ほうれん草クリームソースのオムライス。

たまに「ツナ」が入ってちょっぴりゴージャスになっていたり。でも、ツナが入っている時は、中のチキンライスは全部炊飯器だけで作っていてチキンの量も少なめ。

今回は、ツナなしのほうれん草クリームソース!!中のオムライスはしっかり味付け。



2016-07-06 20.27.44_new.jpg

ちなみに、今回はトマトペーストから作るではなく、簡単にケチャップを使って!卵もトロトロふわふわではなく節約バージョンの薄焼き卵で。

★材料★

(2人分)

◆ご飯 一合
 >硬めに炊いたやつ
◆鳥もも肉(もちろん胸でも可) 100gくらい
 >1~2cm角くらいに小さく切る
◆ピーマン 一個
 >みじん切り
◆にんじん 1/3本
 >みじん切り
◆玉ねぎ 1/3個
 >みじん切り
◆塩胡椒 適量
 >胡椒は粗挽きのブラックペッパーがオススメ
◆顆粒コンソメ 小さじ1
◆ケチャップ  大さじ2
◆オリーブオイル 大さじ1くらい
 >炒める用
◆卵      Mサイズ3個
◆マヨネーズ  小さじ2
◆牛乳     大さじ1.5くらい

〜ソース〜

◆ホワイトソースの素 
 >作り方はこちら
 >ホワイトソースの素の作り方で、小麦粉を大さじ1の所を小さじ2くらいにしておくと多くなりすぎずいいかも

◆ほうれん草 1/2束
 >さっと茹でてアクを抜き、5cmくらいに切っておく
◆牛乳 適量
 >とろみの調整用
◆顆粒コンソメ 少々
 >味の調整用

★作り方★

※コンロ2口想定

1:材料のところに書いてあるように、それぞれを切ったり茹でたり下処理。ほうれん草を茹でるお湯を沸かしながら材料を切っていく。お湯が沸く前にまだ余裕があればホワイトソースの素も作っちゃいます。

2:中華鍋もしくはフライパンにオリーブオイルをひき、鶏肉から炒めていく。色が変わってきたら玉ねぎ、にんじん、ピーマンを投入。ここで、さっと全体に塩胡椒

3:ご飯、ケチャップ、顆粒コンソメを入れてよく混ぜながら米をつぶさないように炒める。

4:味見して物足りなければ塩胡椒やケチャップを足す。これでチキンライスは完成!
フライパンを空けたいので、炊飯器に「チキンライス」を戻しちゃいます。保温にしておけば冷めない。

5:ホワイトソースを素を小鍋に入れ、火にかける。とろみ具合は追加の牛乳で調整。茹でたほうれん草を投入し、顆粒コンソメと塩胡椒で味を調える。ほうれん草のクリームソースは出来上がり。

6:卵と、マヨネーズ、牛乳を混ぜる。

7:フライパンにサラダ油を敷き、溶いた卵の半分の量を流し入れて薄焼きを作る。火を止めてそのまま卵の上にチキンライスを乗せ、左右から卵で包んで、お皿へ。

8:ソースをかければ一人前の出来上がり〜。7を繰り返して二人目用のオムライスも出来上がり〜


少ない卵でもマヨネーズと牛乳を入れれば、薄いけどふわっと柔らかく仕上がります。

クリームソースでいつもと違うオムライスを!チキンライスを濃くしたらソースは塩分を抑えめに。チキンライスを薄めにしたら、ソースの方で調整!お好きなバランスでどーぞ(笑)

米が炊けていれば20分もかからずサクッと作れます。手順を間違えたりコンロが1口の場合はもう少しかかりますね〜。
ホワイトソースの素もレンジですぐできるしダマもないので楽チンです。


今回一緒に作ったのは、ベーコンとセロリと玉ねぎとエノキのスープです。味付けはマギーブイオンキューブ1個とブラオックペッパーと塩ひとつまみだけ。ベーコンから出汁が出るし、セロリの香りと玉ねぎの甘みでバランスのとれたスープになりますよ〜。






この記事へのコメント